お知らせ

ご利用のお客様へ

エアネットの迷惑メール対策について

〜現状と今後の対策方針のご説明〜

お客様各位
2005年10月1日

株式会社エアネット


 弊社では、社会的に大きな問題となっている迷惑メール対策について、従来から、可能な限りの対処を実施してまいりましたが、今後以下のとおりさらに施策を強化し、迷惑メールの撲滅に取り組みます。

1.迷惑メールの現状

迷惑メール(不特定の相手方に対して一方的に送りつけられる商品の宣伝や勧誘を目的としたメール、その他コンピュータ・ウィルス等によって大量に送信される意味不明なメール)の送信が国内において大きな問題となっています。
迷惑メールの送信手法は、年々、巧妙化・悪質化しています。
迷惑メールは、出会い系サイト・アダルトグッズの宣伝販売といった青少年に有害なものが多く、また、架空請求やフィッシングといった詐欺的行為やコンピュータ・ウィルス感染の温床となっています。

これらの行為は、メールの利用そのものを脅かす深刻な社会問題であると弊社は認識しており、この問題に関して全力で取り組んでいます。
また、関係する各社とも協力関係を保ち、一企業を越えて迷惑メール対策に取り組んでまいります。

2.弊社の迷惑メールに対する今までの取り組み

弊社は、インターネットサービスプロバイダー(以下ISP)として、弊社のお客様を迷惑メールから保護するために、迷惑メール対策のためのサービスを有償または無償にて付加価値サービスとして鋭意ご提供してまいりました。
また、昨今、さらに悪質化している、当初から迷惑メールを送信する目的等でISPに加入し、迷惑メール送信が発覚しサービスが停止されると次のISPを探す、といったケースに対応するため、2004年11月に弊社オンライン・サインアップシステムの改修を行っております。
「オンライン・サインアップによるお申込み後、サービスを即時開始とせず、担当者が住所・連絡先その他必要な確認を行った後、かならず配達記録郵便にてお客様のもとへ設定情報をお届けする」という方法へと変更したことにより、弊社ISPサービスを媒介した迷惑メール送信の行為は、大幅に減少しております。

3.弊社の今後の取り組みについて

弊社は、前述の取り組みを実施してきましたが、迷惑メールを撲滅するための更なる強化策として、他ISP事業者と連携の上、今後は以下の取り組みを行ってまいります。

  1. 携帯事業者向けOP25B の実施
  2. 弊社サービスにおける「Message Submission(587/tcp)」の提供
  3. 一般向けOP25B の実施

携帯事業者向けOP25B の実施
Outbound Port 25 Blocking (以下 OP25B) とは迷惑メール発信規制手法であり、ISPの提供する動的IPアドレスを用いて運営するメールサーバ等から直接インターネットに送信されるメールを禁止する方法です。

弊社のネットワークから送信される迷惑メールの大部分がNTT東日本・西日本が提供するフレッツサービスをアクセス回線とし、携帯事業者(NTTドコモ、au、ツーカーグループ、ボーダフォン)向けに直接送信される迷惑メールであり、まずは、このケースに限定してOP25Bの規制を実施します。

この規制は、通常のパソコン等から弊社メールサーバもしくはお客様がご契約されている他社のメールサーバを利用してメール送受信を行って頂いているお客様には一切影響がございません。また、固定IPを付与するサービス(フレッツ・ISDN/ADSLコース+固定IPオプション、及びBフレッツIP1, IP8の各コース)については、この規制の対象外となります。

この規制は、2005年10月1日から順次実施します。

Message Submission の自社サービスの提供
OP25B による迷惑メール発信規制に対応するため、従来のメール配信に使われているポート(25/tcp)を、メールサーバ間でのメール配信と、パソコン等からのメール送信という異なる目的にあわせて、分離する必要が出てまいります。
このための新たな仕組みである「Message Submission」は携帯事業者宛のメールのみならず、パソコン利用者宛てメール等全ての ISP に対して OP25B を実施するために必須の仕組みであると認識しています。

弊社ホスティングサービスである AIRweb FRONTIER 及び AIRweb HighGrade においては、2005年5月から提供を開始しており、弊社ISPサービスである AIRnetサービスにおいても2005年10月から順次提供を開始する予定です。(なお、AIRnetサービスでは、Message Submission の代替となる SMTP over SSL, SMTP/TLS については 2003年1月より対応しております)

これにより、すでにOP25B を導入している他社ISPを利用されるお客さまからも弊社提供のメールサービスの利用が可能となり、さらには、業界全体での OP25B の導入促進に貢献できると確信しております。

一般向けOP25B の実施
OP25B による迷惑メール発信規制の規制範囲を拡大し、一般向け発信規制を行います。
これにより、ISP等が提供するメールサーバを利用せず、弊社のネットワークを経由して直接インターネットに発信される迷惑メールを排除でき、さらには、ウィルス感染したパソコンから意図せず送信される大量メール送信や個人情報の流出を防ぐことができると期待しています。
尚、全事業者向けOP25B の実施にあたっては、従来のメール送信の仕組みが変わるため、メール利用者に対するメールアプリケーションの設定変更等が必要である事から影響が非常に大きく、啓蒙活動が重要です。

導入時期等については、業界全体の動向などを参考にしながら、弊社のお客様の「Message Submission」への移行状況などをもとに、この規制の実施がお客様のご利用についての利便性を低下させるものではないと判断できる時期を十分に考慮して決定致します。なお、固定IPを付与するサービス(フレッツ・ISDN/ADSLコース+固定IPオプション、及びBフレッツIP1, IP8の各コース)については、この規制の対象外とする予定です。


弊社は、今後も関係各社・団体と協力しながら、迷惑メールの撲滅に向けて断固たる姿勢で取り組み、安心してメールをご利用いただけるインターネット環境の実現に努力していく所存です。
お客様のご理解とご協力のほど、宜しくお願い申し上げます。


以上


このページの先頭へ

ご相談窓口

サービスに関するご相談、お問い合わせなど、お気軽にご相談ください。

03-6717-5856 受付時間:平日10:00~18:00

フォームから相談する



お知らせ

ISMS認証ロゴ

エアネットは、情報セキュリティマネジメント認証 「 ISO/IEC 27001 」 を取得しています。